3月28日(日) コンサート・今日の一首・南日本新聞

南さつま市少年少女合奏団 第6回ふれあいコンサート

春日理事長と一緒に鑑賞。
14:00開演であったが、12:00に春日先生がわが家に来られたので、すぐに出発。
開演1時間前に着いてしまった。

会場に入り、
市教委生涯学習課の方々(10名)がかいがいしくコンサートに携わっていたことに
~保護者会?が運営していると思っていただけに~驚きであった。
そして、すごいと思った。有難いと思った。

東幸江先生が大浦小学校長退職後、市政10周年に設立された合唱団。
現職中、合唱指導で名を馳せた先生だけに、
リハーサル中の子どもたちのはつらつとしたすばらしい歌声に、
「さすが」という思いが先ず脳裏をよぎった。

そして、本番。
もちろん、感動!!感動!!の歌声であった。

このコンサートで卒団する二人の3年生と話すことができた。
大笠中3年生、中村俊輔君は野球部との二足のわらじで頑張ったとのこと。
加世田中3年生、戸山さやさんは鹿児島高校合唱部にあこがれ、
鹿児島高校に進学するとのこと。

伴奏の田代章子先生は、
知覧中時代、
校長先生ご夫妻はじめ、知覧中の先生方、地域の方々と始めた「かじか合唱団」の
伴奏をしていただいた先生で、以来、ずっと懇意にしており、久々の再会であった。

加世田在住の、甥、和仁親子とも会えたし、とても幸せな一日であった。

今日の一首[百人一首から]
39[浅茅生の小野の篠原偲れど あまりてなどか人の恋しき 参議等]

[南日本新聞]
馬毛島アセス 「意見書」民意の反映焦点 防衛省が要約、詳細公表なし
識者「透明性が重要」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide